副作用について

medicines

勃起不全に効果的であるED治療薬は、日本国内で購入するためには医師の処方箋が必要です。薬局などで市販されているものではないので気を付けましょう。
海外では市販されていますので、そういったものを個人輸入することで簡単に入手することができますが、利用する前に必ず副作用についても知っておきましょう。
ED治療薬が日本国内で市販されていない理由は、バイアグラが発売された直後に副作用による死亡事故が数件起こったことによります。
使い方を間違えなければ便利なのですが、使い方次第では危険があることも覚えておく必要があります。

ED治療薬の主な副作用は、火照りや顔の紅潮、動悸、頭痛などが挙げられます。
これらはバイアグラの効果によって血管が拡張され、血流が盛んになったことによっておこります。
このような副作用があらわれる方は比較的多く、そのほとんどが軽微な症状で収まります。
重篤な副作用としては、血圧の急激な変化によって狭心の発作が起こる可能性があります。これは特にニトログリセリンなど狭心症の薬を服用している場合に起こる可能性があるものなので、心臓の病を患っている方は服用の前に医師に相談するとよいでしょう。
実際に、日本国内でバイアグラの死亡事故が起こったのは狭心症患者がバイアグラを服用したことによるものだったので、必ず気を付けてください。

ED治療薬はどの薬も血管を拡張させる薬なので、同様の副作用が起こる可能性があります。バイアグラよりも新しい薬であるレビトラでも条件は同じなので覚えておきましょう。
特に海外から輸入して使用する場合は注意が必要です。海外のED治療薬は小柄な日本人に合わせて作っているわけではないので、場合によっては一粒を半分に割って使うものがあります。
一錠のままだと分量が多すぎて、副作用が強くあらわれる可能性がありますので、使用前に日本人に合わせた分量を確認するようにしましょう。