ED治療薬の歴史

man is thinking

勃起不全に効果的なED治療薬ですが、発売されたのは1998年と最近になっています。
世界で最初に開発されたED治療薬はバイアグラです。もともと、勃起不全のためではなく狭心症の薬として開発された薬でした。
実際に狭心症患者に使用してみたところ、狭心症よりも勃起不全に大きな効果が見られたため、今ではED治療薬としての利用されています。
アメリカのファイザー社が「バイアグラ」と名付けて商品化し、発売直後には「夢の薬」と呼ばれ、日本でも1999年に正規販売されるようになりました。
それ以来、現在でもバイアグラは大活躍しており、世界で最も多くの勃起不全患者を救った薬だと言われています。

バイアグラの次に発売されたのがレビトラです。
バイアグラは食事の影響を受けやすく、空腹時にしか効果を発揮しないという欠点があったので、それを克服するべく、レビトラが開発されました。
レビトラは食事の影響を受けにくいだけでなく、服用から15分程度で効果を発揮するので、急なお誘いに対応することができる薬として重宝されています。勃起力もバイアグラより強力なので、今ではバイアグラよりもレビトラの方が人気になっています。

レビトラの発売後もED治療薬は研究が続けられ、レビトラとは異なる性質を持ったシアリスという薬が開発されました。
シアリスは持続力に特化した薬で、その効果は36時間以上も持続した例があります。バイアグラやレビトラよりも効果があらわれるまでに時間がかかるという欠点はありますが、持続時間は唯一無二なので、多くの方に愛用されています。
旅行時や週末など、何度も性行為を楽しみたい時に最適で、使用感も良好なことから、レビトラと同じくらい人気の薬になっています。

最も有名なED治療薬であるバイアグラですが、今ではレビトラやシアリスを使う方が多いのが現状です。
レビトラとシアリスでは使い勝手が全く違うので、用途に合わせて使い分けるためにも両方とも持っておくのが理想です。